【オワドラ】パズドラ2018年現在、売上右肩下がりwww

f:id:home1990:20180401225538p:plain

 

2012年にサービスを開始した「パズル&ドラゴンズ」ですが、2018年の現在では「オワドラ」と呼ばれています。

 

なぜ「オワドラ」と呼ばれているのか?

 

気になったのでパズドラを運営する「ガンホー」の売上高を調べたら、想像以上に売上右肩下がりで「オワドラ化」していました。笑

 

せっかくなのでいろいろ調べた結果について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

パズドラはオワドラか?ガンホーの売上高を確認

以下、ガンホーの売上高の推移。

2011年12月決算 96億円

2012年12月決算 258億円(パズドラサービス開始)

2013年12月決算 1,630億円

2014年12月決算 1,730億円(過去最高)

2015年12月決算 1,543億円

2016年12月決算 1,124億円

2017年12月決算 923億円

2018年12月決算 833億円(※コンセンサス)

コンセンサス=株に詳しい集団が勝手に出す予想

 

2011年にはまだパズドラは開始していないので、「96億」の売上。

そしてパズドラが開始した2012年は、パズドラ効果で売上2.5倍。

さらに2013年は売上6.3倍。

 

素晴らしいですね。

ちなみにパズドラの不動の1位を崩したのが「モンスト」です。

ミクシィは過去最高売上が「2,080億」なので、「1,730億円」のガンホーを超えていたんですね。

 

 

ガンホーの株価をチェック

2018年2月26日が年初来高値の「407円」

2017年01月17日が年初来安値の「243円」

株価全盛期の2013年に「1600円」までいったことを考えると4分の1ですね。

 

その他指数を確認

・PER 11倍

・PBR 4倍

・ROE 45%

 

う~ん。

「PER」と「PBR」はまぁまぁかなという感じですね。

※PER、PBR=株価が割安かどうかを示す

 

ROEが45%なのは素晴らしいですね。

※ROE=株主から集めたお金をどれだけ有効活用しているかを示す

 

ROEは10%あれば良い方と言われています。

まぁアプリ会社はだいたい「高ROE」ですが。

見た目の数字だけじゃなくてしっかり計算しないと「ROE」を水増ししている企業もあるのでなんとも言えませんが。

投資の本場、アメリカではかなり前から「ROE」という指数は注目されています。

株を買う前にはチェックしておいた方がいいでしょう。

 

 

他のゲーム会社と比較してみた

以下、過去最高売上

 

パズドラ

2014年12月決算 1,730億円(過去最高) 

 

ミクシィ

2016年3月決算 2,080億

 

コロプラ

2016年9月決算 847億

 

KLab

2017年12月 267億

 

スマホゲームでは、なんだかんだ「モンスト」が1番のよう。

 

 

結論:「パズドラは完全にオワドラだった。」

売上が「2014年」のピーク時から比べると右肩下がりで「2017年」には約2分の1になってしまっています。

更に来期は「売上減少」と予想されています。

 

株価も5年チャートで見ると「右肩下がり」なのが分かります。

 

周りでもパズドラユーザーが減っているし、電車の中でもパズドラをしている人をあまり見かけなくなりましたが、こうして数字で見てみるとやっぱり「オワドラ化」していたんですね。

 

理由は単純で、

 

「ユーザーが飽きた」

 

というのが原因でしょう。

 

昔はパズドラが大大大ヒットし、株価がとんでもない上がり方をして、「第2のガンホーを探せ!」とよく言われたものでした。 

今ではすっかりそんな言葉も聞かなくなりましたが・・・。

 

「2013年」は大注目株だったし、その当時の株式市場を大いに盛り上げてくれたのでまたがんばってほしいですね~。

 

以上。

 

 

 

▼おすすめ記事

モンスト、2019年はさらにオワスト化する見込みwww

 

白猫のオワ猫化がよく分かる、2012年~2018年売上高