3秒だけ本気出すブログ

雑記ブログです。株式投資、ファッションについての記事が50%。その他が50%。

クロスバイクにおすすめの「25C」タイヤ

f:id:home1990:20180224101756j:plain

 

僕は2年前からクロスバイクにドハマりし、いろいろ試した結果今の「700×25C」という神サイズにたどりつきました。

 

ちなみに僕が今乗っている自転車は上の画像にもありますが「ビアンキのローマ4(2016年式)」です。

 

僕は今まで「27.5x1.5/32C/28C/25C/23C」に乗ったことがあります。

タイトルにもあるように結論からいうと「25C」が「ベストバイ」です。

体験談をもとにした理由を以下に。

 

とりあえずおすすめのタイヤだけ知りたい方は一番下の「おすすめの「25C」のタイヤ 」という項目を見てください。

 

 

スポンサーリンク

 

23C

ロードバイクでポピュラーなサイズですね。かなり細い。

そもそもクロスバイクにハマるきっかけとなった、友人にもらった「ルイガノ」のクロスバイクが「23C」でした。

 

しかし、ある日普通に走っていたら 、パンクしました。

これが結構恐怖体験で、「23Cはパンクする」とインプットされてしまいました。 

  

32C

ルイガノの「23C」がパンクした為、次はパンクしないようにと「32C」に交換。

「パンクしない」という安心感はありますが、やはり摩擦が多いのであまりオススメしません。 

本当に全然前に進まないので疲れます。笑

 

27.5x1.5

自宅の駐輪場においていたルイガノが盗まれました。(こちらの詳細についてはまた別記事で。)

しかし、もうママチャリには戻れなくなっていたのでクロスバイクを自分で買うことに。

 

・パンクしない

 

この1点で選び、「ジャイントのグラビエ」にしました。

 

「27.5×1.5」はグラビエの標準タイヤサイズです。

「27.5×1.5」は「700×28C」のような規格とは少し違います。

 

「700×40C」くらいのサイズ感かな?

詳しくはわかりませんが、とにかく太い。

地面とタイヤの摩擦が多く、足が疲れるので全くオススメしません。笑

 

28C

一番ポピュラーなサイズですね。

僕の「ビアンキ ローマ4」にも最初からついていました。

 

意外と摩擦があるが、頑丈なのでパンクはしなさそうという印象。

良くもなく悪くもなく、さすがスタンダードな「28C」というところ。

 

まぁ、タイヤのメーカーが「KENDA」ということもあり、結構もったりする感じが嫌で「25C」にすることに。

 

25C 

さて、本題の「ベストバイ」である「25C」 についてです。

 

 

結局の所タイヤに求めるものは

・パンクのしにくさ(安定性)

・摩擦の少なさ

 

だと思います。

 

摩擦の少なさといえば「23C」ですが、やはり「パンクのリスク」があります。

僕自身もルイガノで「23C」に乗っていたとき結構段差を気にしていました。

 

この時点でめんどいから自転車に乗らないという理由になってしまいます。

かといって「28C」では走りが少し物足りない。。。

 

つまり、「25C」というサイズは「23Cの快適な走り」と「28Cの耐久性」の良いとこ取りです!

 

自転車はヨーロッパが最先端ですが、ここ数年「25C」が流行っています。

というわけで安易に「25C」を取り入れたらかなり良かったです。

 

 

おすすめの「25C」のタイヤ 

僕が購入したのは以下です。

 

「Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2」

(Amazonで5,000円で購入しました。) 

 

評判が良かったので買ってみましたが、大満足です。

コスパも抜群です。

 

空気入れの部分が「42mm」と「60mm」の2つサイズがありますが僕は「42mm」を購入しました。

 

▼ちなみに「42mm」はこんな感じです。

f:id:home1990:20180224121117j:plain

 

クロスバイク乗りのすべての方にこの「25C」のサイズをオススメいたします。

 

近所の自転車屋で前後合わせて「2,000円」で交換してもらいました。

「5,000円+2,000円=7,000円」でこの費用対効果は正直やばいです。

 

体感できるほど快適になります。

「28C」で感じていた摩擦で減速するあの感覚がなくなり、スイーッと進みます。

感動しました。

それでいて「23C」で気にしていた「段差」もほぼ無視で大丈夫です。

 

意外と丈夫です。

特に、「28C」に不満が無い方こそ是非一度試して見てください。

 

 

 

以上。