3秒だけ本気出すブログ

雑記ブログです。株式投資、ファッションについての記事が50%。その他が50%。

ぷよぷよの連鎖の作り方とコツを教える【初心者向け】

f:id:home1990:20180522080559j:plain

 

最近ぷよぷよにハマった人や、これからぷよぷよをやろうとしている初心者の方に向けてぷよぷよの連鎖の作り方(連鎖の組み方)やぷよぷよの連鎖のコツを説明していきます。

 

この記事の内容は初心者向けとなりますので2連鎖~5連鎖の内容となります。

これを理解しておくと上達がかなり早くなると思います。

 

僕は昔ぷよぷよにどっぷりはまり、オンラインで「上級者」と呼ばれるポジションにいました。

自分でいうのもなんですが、2ちゃんねるの格付けでも名前がでるような、そこそこのプレイヤーでした。

 

有名ぷよらーの「くまちょむ」さんや「かめ」さんとも対戦したことがあります。

 

少々前置きが長くなりましたが、解説にいきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

ぷよぷよの連鎖の仕組み

まずは連鎖の仕組みについて解説します。

ぷよぷよは「2連鎖」ができたら「5,6連鎖」ぐらいまでは簡単にできます。

 

ということは、2連鎖について知る必要があります。

 

2連鎖の考え方 

f:id:home1990:20180828171900p:plain

 

1.とにかく何色でもいいのでぷよを適当に「3つ」くっつけます。(例として「青色」)

2.また別の色を3つくっつけて、その色が消えれば青色が消えるように計算して配置

 

どういうことか、画像で説明していきます。

 

▼画像のように、青色とは別の色を3つくっつけます。例として緑色をつなげました。

f:id:home1990:20180828172408p:plain

 

 

▼そしてそのつなげた緑の上に青色を置きます。これで緑を消せば2連鎖が完成します。

 

f:id:home1990:20180828172838p:plain

 

説明は以上で、基本的にはこれを繰り返すだけです。

 

 

▼この画像の場合であれば緑か黄色を3つつなげることをおすすめします。

f:id:home1990:20180828171900p:plain

 

理由としては青色と直接つながっている色だからです。

先程のように緑で伸ばしていくパターンか、もしくは黄色で伸ばすパターンです。

 

▼黄色で伸ばしたパターン

f:id:home1990:20180828173535p:plain

 

パターンは無限大なのでもちろんこの画像の限りではありません。

 

とにかく適当に3つ同じ色をつなげて、その色とくっついている別の色をまた3つくっつけるのが手っ取り早いです。

 

 

▼別のパターン

f:id:home1990:20180522001708p:plain

たとえば次の色が「青赤」ときた場合。 

こんなかんじで青の上においてしまうのもアリです。

 

これで「赤」を4つ揃えて消せば2連鎖が完成します。

 

以上が連鎖の仕組みです。 

 

・なんでもいいので同じ色を3つくっつける

・そしてまた違う色を3つくっつける

 

▼黄色を3つくっつけて緑を消す

f:id:home1990:20180823234420j:plain

 

基本的にはこれを繰り返すだけです。

 

 

めちゃくちゃ簡単です。

あとは経験値の問題になってきます。

 

大切なのはしっかりと思考して組むことです。

 

初心者のうちは脳の処理が追いつかないので、一旦止めるなどして考えることを重視しましょう。

 

考えて組めるということは、"仕組みを理解している"ということなので早く組むということは後回しでOKです。

 

ちなみにこのような組み方を「挟み込み」とよんだりします。

名前は別に覚えなくていいと思いますが。笑

 

 

ぷよぷよの定形を知る

上記で説明したやり方だと「折り返し」ができないので5連鎖ぐらいまでしか組むことができません。

 

「脱初心者」するには以下、2つの条件が必須となります。

 

・5連鎖以上

・折返し

  

これを実現するには「定形」を知る必要があります。

定形とは、その名の通りで、 ぷよぷよ業界で決められた形で、名前がついている形のことです。

 

▼階段積み

f:id:home1990:20180522003339p:plain

こちらはぷよぷよの連鎖の代名詞ともいえる「階段」という組み方です。

一番右の「赤」を消すと、上の「緑」が落ちて2連鎖、上の「黄」が落ちて3連鎖という消え方をします。

超ド定番です。

 

なぜかぷよぷよ業界には「階段から覚えろ」という根強い考えがありますが、実践では使わないので覚える必要はないです。

これが組めても実際の対戦では使えません。

 

また、自分のレベルが上がるとやったことなくても普通に組めます。笑

 

おすすめの定形

というわけで、超おすすめの組み方が以下です。

▼先折りGTR

f:id:home1990:20180522004459p:plain

分かりやすくするために必要なぷよだけ表示しています。

これが「先折りGTR」と呼ばれる形です。

 

とにかく全力でこの形を作りにいきます。笑

 

他にも「ペルシャ積み」や「だぁ積み」など様々な組み方がありますが、基本でありながら強いとなるとこの組み方になります。

昔、韓国のプレイヤーはよくこの形を組んでいました。

 

f:id:home1990:20180522005041p:plain

なれてくるとこんな感じで綺麗に組めるようになります。

左の「赤」が消えると「青」が消えて「黄」が消えて、、、

という感じになります。 

 

先折りGTRの参考になる動画

韓国最強プレイヤーの「LWTD」さんの先折りGTRが一番参考になると思います。

連鎖の組み方も比較的わかりやすいです。

まずは、動画で勉強が効率が良いです。

 

www.youtube.com

 

 

ぷよぷよの連鎖のコツ

ぷよぷよの連鎖ができないという方もたくさんいると思います。

 

連鎖ができない理由は先程あげた「ぷよぷよの連鎖の仕組み」をそもそも理解していないからです。

これは確実に理解しましょう。

 

 

ぷよぷよ上達のコツ

f:id:home1990:20180922001615g:plain

 

・人の動画を見る

・諦めずに考える

・次の色を見る

 

初心者の方にありがちなのがフィールドばかり見てしまい、次に来る色をあまり見ていないということです。

次に来る色を見て何を3つくっつけるかだけ考えれば割とすぐに連鎖は組めます。

また、自由落下の速度と思考がおいつかず諦めてしまいがちですが、粘り強く考えましょう。

 

そして連鎖の形のイメージをもつためにいろんな人の動画を見るのをおすすめします。

 

個人的には「くまちょむさん」か「momokenさん」の連鎖の組み方はわかりやすいと思います。

厳密に言うと初めに組む基盤となる連鎖を「土台」というのですが、その「土台の組み方」ですね。

 

www.youtube.com

 

 

無料でぷよぷよの練習ができるサイト

さっきちょっと調べたら出てきたので紹介させていただきます。

 

偽とことんぷよぷよFlash (無料ゲーム)

 

昔はこんなのなかったんですけどね。

今はこんな素晴らしいものが出来ているんですね。

 

f:id:home1990:20180828175335p:plain

f:id:home1990:20180828175342p:plain

 

先程の定形などを知って、慣れてきたらこんなかんじで15連鎖とかは簡単にできるようになります。

 

6連鎖くらいの連鎖が考えて作れるようになったらもう中級者ではないでしょうか。

 

是非お試しください。

 

以上。