3秒だけ本気出すブログ

雑記ブログです。株式投資、ファッションについての記事が50%。その他が50%。

【2018年】コンビニ売上ランキングBest4

f:id:home1990:20180601000152j:plain

 

 

 

大手コンビニ4社の「売上高」と「売上高の推移」を調査し、ランキング化しました。

今回対象にしたコンビニは以下の4社です。

 

・ローソン

・ミニストップ

・ファミリーマート

・セブンイレブン

 

コンビニ業界への就職を考えている方や単純に気になった人の参考になればと思います。

それではさっそく発表を発表していきましょう!

 

 

 

第4位:ミニストップ

コンビニ売上高

2016年度:2,135億円(過去最高)

2017年度:1,969億円

2018年度:2,069億円

2019年度:2,200億円(会社予想)

 

人気商品の「ハロハロ」でおなじみの「ミニストップ」が第4位にランクイン。

 

過去最高売上は2016年ということで、ここ数年は売上が落ち込んでいます。

しかしながら2019年には過去最高を更新する見込みとなっています。

 

スポンサーリンク

第3位:ローソン

コンビニ売上高

2016年度:2兆1,579億円

2017年度:2兆2,283億円

2018年度:2兆4800億円(会社予想)

 

「株式会社ローソン」としての売上高は以下です。

2015年02月決算 4,979億円
2016年02月決算 5,834億円
2017年02月決算 6,312億円
2018年02月決算 6,573億円(過去最高)
2019年02月決算 7,320億円(会社予想)

 

この売上の中には成城石井なども含まれます。

 

 

第2位:ファミリーマート

コンビニ売上高

2016年度:3兆93億円

2017年度:3兆160億円

2018年度:未定

 

「ユニー・ファミリーマートホールディングス」としての売上高は以下です。

 

2015年02月決算 3,744億円
2016年02月決算 4,276億円
2017年02月決算 8,438億円
2018年02月決算 1兆275,3億円(過去最高)
2019年02月決算 1兆270,2億円(会社予想)

 

昔はよく見かけたコンビニ「サークルKサンクス」ですが、2017年にファミリーマートに吸収合併されています。

 

 

第1位:セブンイレブン

コンビニ売上高

2016年度:4兆5,156億円

2017年度:4兆6,780億円

2018年度:未定

 

「セブン&アイ ホールディングス」としての売上高は以下です。

2015年02月決算 6兆389億円
2016年02月決算 6兆457億円
2017年02月決算 5兆8,356億円(過去最高)
2018年02月決算 6兆3,78億円
2019年02月決算 6兆6,830億円(会社予想)

 

2017年が過去最高売上であるものの、2019年は再び過去最高になる予想。

 

 

まとめ

まぁ、みなさんの予想通りの結果ではないでしょうか。

どのコンビニチェーンも、順調に店舗数も増やしていっています。

 

セブンイレブンにいたっては平成30年に2万店舗を超えています。

どれだけ増やすつもりなんでしょうか。。。笑

 

ちなみに「サークルKサンクス」は2013年に上場廃止していたようです。  

 

こうしてみると全部のコンビニが今年は売上が好調なようです。

 

 

ちなみにどうでもいい雑学ですが、セブンイレブンはもともと「氷屋」でした。

いろんな人が氷を買いに来るのに、卵やパンなんかも置いたら便利かも、と思っていろいろ置き出したのが始まりです。

 

それが今や世界的な超大手チェーン店になっているから驚きですね。

 

以上。

 

▼この記事に興味を持った方におすすめの記事

回転寿司チェーン売上ランキング!2018年かっぱ寿司は何位か