3秒だけ本気出すブログ

雑記ブログです。株式投資、ファッションについての記事が50%。その他が50%。

街コンから合コンの誘い方とLINEの送り方解説

f:id:home1990:20180226223819p:plain

 

「期待と不安を胸に街コンに参加したけど何も収穫なし・・・」

「またお金と時間を無駄にしてしまった・・・」

 

そんな経験ありませんか?

 

そういう方に向けて「街コンで使えるテクニック」を書いていきたいと思います。

 

・街コンから合コンに誘う方法

・街コン後のLINEの送り方 

 

とりあえずこの記事では「街コンから複数人での合コン開催につなげること」をゴールとします。 

 

(この記事は男性が女性を誘う場合の内容です。)

 

スポンサーリンク

 

 

では、1つずつみていきましょう。

 

街コンでの服装

服装選びから「戦い」は始まっています。

 

オシャレである必要はありません。

 

大事なのは「清潔感」です。

 

女性が男性に求めるものランキング上位にいつもくるのが「清潔感」です。

 

ワックスはつけてもつけなくてもいいですが、軽くつけたほうが女性ウケは良いでしょう。

ファッションセンスがなくてよくわからないという人は、革靴とジャケットを着用すればそれっぽく見えると思います。

 

半ズボンはできればやめた方が良いです。

 

夏であれば、通気性の良い長ズボンを履いた方が無難です。

女性は顔だけでなく服装含めた全体のバランスで人を見るので清潔感を意識しましょう!

 

f:id:home1990:20180802212920j:plain

 

「赤色の靴」など奇抜なものよりは「白、黒、グレー、ネイビー」を組み合わせてシンプルにしたほうが良いと思います。

 

個人的におすすめは断然「ネイビー」です。

 

 

小規模街コンより大規模街コンがオススメ

街コンも様々な規模、内容のものが開催されています。

最近では漫画好きだけ!「10人対10人」とかよく見ますね。

 

今回この記事では「合コンにつなげること」を目的とするので、参加者は多いほうが良いです。

 

僕がいつも参加するのは「50対50」とか「100対100」の大規模街コンです。

本来街コンは町おこしが目的なのでこれが本当の姿ですが、稼げなくなってきたのか、少数派に的を絞った商売が増えてきました。

 

なぜ大規模がオススメかというと、この規模になると店が「5,6件」貸し切り状態になるからです。

 

参加者はリストバンドをつけて、渡された「街のMAP」をもとに、自由に店を行ったり来たりできるというシステムになります。

 

これにより得られるメリットが、

「ダメそうな人と出会ったときすぐに席を離れることができる」です。

「ダメそう」とは、以下のようなパターンです。

 

・年齢が離れすぎている

・ノリが悪い

・そもそも自分が全然好きなタイプじゃない

 

とにかく、このまま会話しても時間のムダだと思ったときに違う席に移動することが簡単です。

 

街コンで興味のない人に対する断り方

 

席に案内され、脈なしだと思ったら乾杯して10分ほどで、

「ごめんないさ、僕達ご飯メインで来たので、他の店に移動します。」 

と言って席を離れ、違う店に移動しましょう。

 

相手に「何こいつら?」と思われようがどうせもう2度と会うことはないので気にせずどんどん次に行きましょう。

 

重要なのは「出会いの数」です。

 

時間は貴重なので無駄だと思ったら次に行って回転率を上げましょう。

 

参加する街コンが少人数だと「1店舗だけ貸し切り」なので、身動きが取りづらいし、そもそも出会いの数が少なくなるのでオススメできません。

 

スポンサーリンク

 

街コンでLINE交換のタイミングと方法(カチッサー効果)

高いお金を払って街コンに行ってそのまま帰ってしまっては、街コンに来た意味がありません!

何があるかわからないので、連絡先はできれば会話したすべての人と交換しましょう。

 

街コンで何喋ったら良いかわからない

 

という人が多いと思いますが、本質さえ守れれば何を喋っても良いと思います。

とりあえず以下の流れは必ず抑えておきましょう。

 

1.出会いが無いので街コンに来たと伝える(職場に女性がいない等)

2.相手に出会いがあるか確認する(職場に男性が少ないか)

3.相手も出会いがなければ「もし良かったら複数人で飲みに行きませんか?」と言う

4.連絡先交換

 

理屈としては

「お互い出会いないからじゃあ3対3とか、4対4で飲みに行こう」

です。

ここで重要なポイントは、なんでもいいので「飲みに行く理由がある」ということです。

 

これは心理学の「カチッサー効果」を利用したものです。

 

カチッサー効果とは、簡単にいうと、

 

ただ「飲みに行こう」と誘うよりも 「出会いが無いので飲みに行こう」と理由をつけることで相手の同意が得やすくなるという効果です。

 

実際の実験で

「すみません、コピーを先に取らせてもらえませんか?」とお願いするより

「すみません、急いでいるのでコピーを先に取らせてもらえませんか?」

と言ったほうが2倍の承諾率になったというものです。

 

これはかなり使えます。

 

f:id:home1990:20180802214706j:plain

(めちゃくちゃちょうどいい画像見つけました。笑)

 

これは営業マンなんかがよく使うテクニックです。

覚えておいて損はないです。

 

連絡先交換は以下のような言い方が良いでしょう。

 

職場に男しかいなくて出会いがないんですよ・・・もし良かったら連絡先交換してもらえたりできませんか?」

 

(赤字の部分が連絡先交換の理由ですね。) 

 

「連絡先交換しようよ!」みたいに偉そうに言わないほうがいいです。

 

 「もしよろしければ連絡先交換していただけないでしょうか・・・?」

 

くらいの気持ちです。笑

 

基本的には連絡先交換を断られることはないと思います。

しかし、連絡先交換後、無視されることはたまにあります。笑

 

 

街コン後のLINEの送り方・タイミング

連絡先交換がスタートラインです。

晴れて連絡先交換に成功したら、その日の夜にはもう連絡しましょう。

 

「こんばんは。◎◎です。今日はありがとうございました。さっそくですが◎日か、◎日はご都合いかがでしょうか?」

 

といった具合です。

 

すぐに次の飲み会に誘うことに関して、賛否両論ありますが、はっきり言っていきなり誘ったからといって

 

「何こいつ?常識ないな。飲みに行くのやめようっと。」

 

とはなりません。

 

逆にぐだぐだして何が言いたいのかわからないよりはすぐに誘ったほうが相手も目的が明確なので、返事しやすいです。

 

というより、 

街コン後のLINEは飲み会の調整以外のやり取りは不要です。

 

「その日空いているか友達に聞いてみる~」と言ってなかなか返信がこない場合はもうダメです。

 

それはすぐに誘ったからダメなのではなく、街コンでのあなたの印象が良くなかったということです。

自分では手応えがあっても、あとでLINEのやり取りでそっけないなんてことはよくあります。

 

こういうときは素直に諦めて次に行きましょう。

これはあなたが悪いわけではなくて、あなたと相手の相性が悪いだけです。

 

だからこそ、回転率を上げて連絡先交換をする相手を増やしましょう。

いちいち何が悪かったのかとか反省していたらキリがありません。

 

6組くらいと連絡先交換をしておけば、1組は飲みにいけるはずです。

 

成功率を高めるには、街コン中に「また今度飲みに行きませんか?」とその場で誘ってしまうことです。

 

上記にも書きましたがこれは非常に重要です。

テストならここが出題されるくらい重要です。笑

 

これをやらずに、いきなりLINEで飲み会に誘っても成功率は低いでしょう。

 

 

まとめ 

まとめると以下の2つは特に大事ですね。

 

・回転率を上げる

・街コン中に利害関係を一致させ、次の約束までしてしまう

 

是非、一度試してみてください。

 

▼おすすめ記事

婚活に必要なもの「1つ」。Youtubeの婚活動画は無駄

 

以上。