【2018年7月】Youtubeではもう稼げない理由

f:id:home1990:20180714174600j:plain

 

この記事はYoutubeで稼ぐ方法を解説する記事ではありません。

 

これからYoutubeで稼ごうと思っている人に、Youtubeで稼ぐのは想像以上に難しいということを僕の体験談で伝えるだけの記事です。

 

「Youtubeで稼ぐにはこのメルマガを登録してください!」

 

みたいな記事ではありませんのでご安心を。笑

 

スポンサーリンク

Youtubeで収益を得るための仕組み

Youtubeの収益化の仕組みを超簡単にざっくり解説します。

 

自分がYoutube投稿した動画に「Google Adsense」という「広告」がつきます。

自分の投稿した動画を見てくれた他の人がその広告をクリックしたり、クリックしなくても、広告が閲覧されるだけで自分の収益になるというシステムです。

 

この広告にもいろんな種類がありますがざっくりと説明すると仕組みとしてはただこれだけです。

 

Youtubeからお金をもらうわけじゃないというところは僕も最初知りませんでした。

 

直接自分にお金をくれるのはGoogleです。

いや、Google様です。笑

 

 

なぜYoutubeではもう稼げないのか

 

2018年7月現在、Youtubeではもう稼げなくなってきています。

 

それはなぜか?

 

2018年2月20日よりYoutubeから収益を得るための条件が変更されたからです。

Youtubeで収益を得るためには以下の条件を満たす必要があります。

 

・過去12ヶ月以内の再生時間が4000時間以上
・チャンネル登録者が1000人以上

 

そういう僕も、ブログを始める前はもともとYoutubeに動画を投稿して収益を得ていました。

 

適当に動画を投稿するだけでも「月額1,000円」は楽に稼げていました。

 

このルールができてからはもちろん収益0円です。

 

しばらく続けていましたが、やはり「チャンネル登録者1,000人」の壁がかなり厚いことに気づきました。

 

そして挫折しました。笑

 

このルールの恩恵を一番受けるのはもちろん視聴者です。

 

普通にYoutubeの視聴者側からすると、文字だけのコピペ動画などが一気に減ったので嬉しいことだと思います。

 

確かに、2018年2月以降は文字だけの動画が減り、コンテンツの質が上がっているような気がします。

(感覚ですが。笑)

 

そしてこのルール改定後僕みたいな弱小Youtuberは投稿をやめてしまうわけです。

 

これをライバルが減るとかビジネスチャンスとかわけのわからないことを言ってる人がいます。

 

単純に自分が稼ぐための労力が増えるということ以外の何物でもありません。

 

がんばって上質なコンテツを作り続ければチャンネル登録者が増え、収益も増えるのはずっと前から変わりません。

 

これはただ単純に、Youtubeでは稼ぎにくくなったということです。

 

スポンサーリンク

 

Youtubeで月10万稼ぐ方法

 

このYoutubeの収益化条件改定後

 

月10万稼ぐ方法教えます!

今すぐメルマガ登録してください!

 

などという動画やサイトが増えましたね。笑

 

結局、月10万稼ぐ方法などのたぐいの動画やサイトやはメルマガに登録させて自分が収益を得たいだけなので、登録しないようにしましょう。

 

そんなうまい話は世の中に存在しません。

 

Youtubeで月10万稼ぐにはそれ相応の時間と手間がかかります。

 

楽して片手間で稼ぐみたいなイメージがあるYoutubeですが、そんなことはありえません。

 

まずアイデアを考え、実際に撮影し、不要なところはカットする、字幕をつける、BGM選定、効果音をつける、サムネイル作成、などなど様々な手間がかかります。

 

実際に動画をアップロードしたら、再生数が多い動画、少ない動画がなぜそのような結果になったのか分析し、改善を繰り返さなければなりません。

 

こういうPDCAサイクルを繰り返し実践することで徐々にチャンネル登録者数が増えていき、収益も増えていきます。

 

が、これがかなりの労力です。

 

しかもこれだけがんばって「収益0円」という状況がしばらく続くため、挫折してしまうわけですね。

 

 

これからYoutubeで稼ごうと思っている人へ

チャンネル登録者1,000人という壁を越えれば「月3,000円~5,000円」は安定して稼げると思います。 

 

1,000人いけばそこからの伸びしろもあると思うのでさらに稼げるでしょう。

 

「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」など、超有名Youtuberが所属する「UUUM」も、2019年は更に動画市場が伸びると予想しています。 

 

まだまだ盛り上がり続けるYoutube市場です。

 

ただし、しっかり稼ごうと思うとかなりの覚悟が必要ということだけ理解しながらやらないとYoutubeで稼ぐことはかなり難しいかと思います。

 

個人的にはそれだけYoutubeに時間をかけるなら「株式投資」の勉強に時間を使ったほうがいいのではないかと思っています。笑

 

株には「配当金」や「株主優待」という仕組みもあったりするので、優良企業の見分け方さえ勉強すればある程度は放置で大丈夫です。

 

忘れた頃にもらえる配当金や優待でエンジョイしましょう!

 

マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾―一番売れている株の雑誌ZAiのNo.1人気連載が待望の単行本化!

マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾―一番売れている株の雑誌ZAiのNo.1人気連載が待望の単行本化!

 

 

 

以上。