回転寿司「スシロー」「くら寿司」「かっぱ寿司」売上比較!

f:id:home1990:20180513222623j:plain

 

ジャパニーズソウルフードといえば「寿司」ですね。

個人的に今の回転寿司業界のシェアが気になったので、上場企業の寿司チェーンである「スシロー」、「くら寿司」、「かっぱ寿司」の3社の売上を調べました。

その結果をランキング形式で発表していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

第3位:かっぱ寿司

【売上高】

2016年3月決算:803億円

2017年3月決算:794億円

2018年3月決算:787億円

 

【会社説明】

コロワイドグループ傘下。

かつては(2011年まで)業界No1だったがいつの間にか「くら寿司」や「スシロー」に抜かれていたという残念な会社。

食べ放題などで注目も集めるも、完全に迷走中。

 

個人的には醤油がいろんな種類あって楽しい。笑

 

【店舗数】

342店舗

 

 

第2位:くら寿司 

【売上高】

2016年10月決算:1,136億円

2017年10月決算:1,227億円

2018年10月決算:1,269億円(会社予想)

 

【会社説明】

低迷を続けるかっぱ寿司とは逆に、今期過去最高益の予想となるくら寿司。

(売上高、営業利益、経常利益、純利益すべて過去最高予想)

 

いつの間にやら「鮮度くん」とかいう蓋がついていたくら寿司。

最初開け方がよくわからなくて壊しそうになりました。笑

 

社長が自ら「サイドメニューのくら寿司」と言っていただけあって、サイドメニューはかなり充実しています。

平気な顔して「牛丼」とか「カレー」とかメニューにありますからね。笑

 

寿司屋の「牛丼」というのが衝撃的だったので食べたことがあります。

「牛丼」はそんなにおいしくなかったですが、平日限定の「かけうどん」はかなりうまいです。

あ、あと茶碗蒸しもマジでうまいです。 

 

【店舗数】

 429店

 

 

第1位:スシロー 

【売上高】

2016年9月決算:1,477億円

2017年9月決算:1,564億円

2018年9月決算:1,693億円(会社予想)

 

【会社説明】

”うまいすしを、腹一杯。”

 

がキャッチーコピーのスシローが「1位」でした。

スシローが1位の予想は当てやすかったんじゃないでしょうか。

単純に「寿司が一番おいしい」から1位なんじゃないでしょうかね。

 

会社予想通りとなれば今期の売上高が過去最高となります。

かっぱ寿司の約2倍の売上です。

 

かっぱ寿司やくら寿司がわけのわからない寿司以外の戦略で注目をされるも、特に奇をてらった戦略に出ないスシロー。

寿司で勝負しているからこその自信でしょうね。

 

僕はスシローに行ったら「ポテト」と「サーモンチーズ」は絶対食べます。

 

【店舗数】

 495店舗

 

まとめ

「はま寿司」はゼンショーグループで非上場のためランキングからは外しました。

まぁランキングに入れて4強にしてもどっちでも良かったんですけどね。

 

あえて順位をつけるなら「第3位」です。

(約472店舗、売上約1,100億円)

 

かつて寿司業界1位だった「かっぱ寿司」は今や4位・・・。

 

昔は確かに回転寿司といえばかっぱ寿司というイメージがあっただけになんか残念です。

 

周りでもかっぱ寿司はまずいとか家の近所にないとか結構聞きますがこうして数字で見てみると、確かに感覚の通りですね。

 

以上。