オリックス株の買い時について考える

f:id:home1990:20180617131615j:plain

 

高配当&人気株主優待でお馴染みの「オリックス(8591)」について、買い時はいつか?いろいろ調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

「オリックス株式会社」の事業内容は?どんな会社?

そもそも「オリックス株式会社」がどんな会社か、よくわかっていない方が多いのではないでしょうか。

 

そういう僕も「なんでもやっているけど、結局なんの会社?」というイメージです。笑

 

公式サイトによると主な事業内容は以下です。

・ 法人向け金融サービス

・環境エネルギーサービス

・不動産関連サービス

・海外向け金融サービス

・自動車関連サービス

・個人向け金融サービス

 

このようにリスク分散でいろいろやっているのですが、結局のところ「本業は金融業」です。 

株式市場でも「その他金融」セクターに分類されています。

 

オリックスの指数

 

そのほかの指数についていろいろ見ていきましょう。

 

株価

 ▼5年チャート

f:id:home1990:20180617140225j:plain

 

5年間「1,500~2,000」のレンジになっており、株価があまり安定していません。

順調な右肩上がりというわけではないです。

 

2018年6月15日のオリックスの株価は「1,863」です。

 

年初来高値:2,216.5(2018年1月24日)

年初来安値:1,803.5(2018年3月26日)

 

2018年1月につけた年初来高値を、半年経つ現在でもまだ超えられていないようです。

 

 

PER・PBR(割安度)

PERとPBRは株価が割安かどうかを示します。

 

現在、オリックスは以下です。

PER:7.59倍

PBR:0.88倍

 

目安

PER:20倍

PBR:1倍

 

これはかなり割安と言えるでしょう。

 

金融セクターは全体的にPERが低めであることが多いですね。

 

 

営業益の推移

営業利益=本業の儲け

(ちょっとややこしいですが「金融業」だけという意味ではなく、会社としての事業全体という意味です。)

 

2015年3月期:2,568億円

2016年3月期:2,877億円

2017年3月期:3,292億円

2018年3月期:3,361億円(過去最高)

2019年3月期:3,860億円 (コンセンサス)

 

直近が過去最高なのは素晴らしいですね。

コンセンサス=業績予想 

 

スポンサーリンク

 

ROEの推移

ROEは株主のお金をどれだけ有効活用して利益を出したか分かる指数です。

投資の本場アメリカでは重要視されており、最近日本企業でも重要視されるようになってきました。

 

2015年3月期:11.5%
2016年3月期:11.7%
2017年3月期:11.3%
2018年3月期:12.1%

 

日本企業の平均はROEは「8.3%」です。(2016年度のデータ)

目標とされる「10%」を超えているので問題ないですね。

 

 

1株当たり純利益(EPS)の推移

2015年3月期:179.5
2016年3月期:198.7
2017年3月期:208.9
2018年3月期:244.4

 

こちらも順調に伸ばしていますね。

 

 

配当金の推移

2015年:36
2016年:45.75
2017年:52.25
2018年:66

 

こちらも順調に伸ばしており、EPSよりも配当が少ないので健全な配当といえます。

EPSより配当金の額が多いと「利益<配当」ということになるので無理して配当を出していることになります。

 

2018年6月現在の配当利回りは「3.6%」と、比較的高配当になっています。

 

 

オリックスの株主優待

オリックスの配当と株主優待の権利確定月は「3月末と9月末」です。

100株以上の保有で権利を獲得できます。

 

優待には以下の2種類あります。

 

1.カタログギフト(3月のみ)

食品、飲料など、20品程度をカタログの中から1品選択できます。

 

 ・5,000円相当  【株式継続保有3年未満】
 ・10,000円相当【株式継続保有3年以上】

 

こちらのカタログギフトですが、第1希望から第3希望まで記入するという仕様になっています。

つまり、選んだ品物が人気の場合抽選となりますので、必ず欲しいものがもらえるわけではないという点に注意です。

 

 

2.株主カード(3月と9月)

・プロ野球公式戦優待価格観戦

・レンタカー利用料30%割引(一部除外有)

・水族館入場料10%割引

・ホテル、温泉旅館宿泊割引

・ゴルフ場ドリンク1杯無料

 

 

オリックスが運営するなんらかのサービスで利用できます。

いろいろついてますね。笑 

 

 

まとめ

 

かなり割安、今のうちが買い時。

 

ずっと割安で放置されているので、業績が悪化しているのかと思いきやそうでもなさそうですね。

むしろコンセンサスでも2019年の決算はさらに増収増益予想です。

EPSを考えると配当もまだまだ増配の余地があります。

 

日経平均が暴落したとしたらそのときは大チャンスですね。笑

優待がかなり人気なので、底値で買いたいと思っている人は多いんじゃないでしょうか。

 

 

なんというか、本当にNISAど真ん中の銘柄ですね。

100株だけもっておいて、長期で配当と優待をもらうのにかなり適した銘柄だと思います。

 

価格も「18万円」とそこまで高くないので資金に余裕がある方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

以上。

 

▼この記事に興味がある方は以下の記事もオススメです。

イオン株の買い時について考える

オリエンタルランド株の買い時は2018年9月末まで