patagoniaのナノエアを2年間着たのでレビュー

f:id:home1990:20180408232235j:plain

 

2年前の冬に買った「patagonia」の「ナノエアフーディ」ですが、本当に最高です。

かなり気に入ってます。

 

今回は、「patagonia」の「ナノエアフーディ」を2年使って思う、6つの良いところとたった1つの悪いところを書いていこうと思います。

 

PATAGONIA パタゴニア M'S NANO-AIR HOODY メンズ ナノエア フーディ S BLK
patagonia(パタゴニア)
売り上げランキング: 794,936

 

ちなみに僕は山には登りませんので、街で着ています。

「patagonia」や「ノースフェイス」や「アークテリクス」など、アウトドアブランドは大好きですが、「patagonia」は街で着るオシャレ着だと思っています。

 

本当に山に登るならやっぱ「モンベル」が一番コスパ良いですね。

 

スポンサーリンク

 

ナノエアの良いところ

・通気性が良い

・暖かい

・軽い

・洗える

・伸縮性がある

・着心地が良い

 

基本的にはこの服、いいところしかありません。

 

通気性が良いので、熱が中にこもらないのがすごく良いです。

電車の中だけ暑いなんてことがあったりしますが、ナノエアはあまり気になりません。

それでいて保温性はそれなりにあります。

 

中がダウンではなく化学繊維なので、水にも強く、洗えます。

ちなみに「ナノパフ」とは違い、素材は「プロマロフト」ではないようですね。

 

着心地が非常に良いので、外から帰ってきて家の中でもそのまま着ていることを忘れますw

マジで最高です。

 

ナノエアの悪いところ

・毛玉ができやすい

ナノエアのたった1つの欠点です。。。 

 

▼腰のあたりの毛玉(画像クリックで拡大します)

f:id:home1990:20180408234907j:plain

 

▼裾周り

f:id:home1990:20180408235006j:plain

 

まぁ毛玉ができやすい素材なので仕方ないですがね。

僕は「春」、「秋」にロンTの上に羽織るという着方を良くするので、毛玉があるとちょっとださいと感じてしまいます。

中間着として使うならあまり気にならないと思いますが。

 

暖かく保温性があるとはいえ、通気性が良いため、真冬はそもそも着ることをおすすめしません!!

 

12月上旬くらいならロンTの上にこれ一枚で十分いけます。

1月、2月はさすがに厳しいです。笑

 

フーディタイプとジャケットタイプの使い分け

ナノエアには「フーディ」と「ジャケット」の2種類ありますが、一番上に着るつもりなら間違いなくフーディです。

中間着として使う場合はジャケットがおすすめです。

 

参考までにサイズ感は172cmの60kgでXSでジャストサイズです。 

腕は長めに作られていますし、激しく腕を動かしても全然問題ありません。

 

購入しようかどうか迷われている方は即買いだと思います。

本当に万能なので、とりあえずこれ着てくか。って感じでなんだかんだかなり出番の多い一着です。

 

たまにpatagoniaの公式サイトでもセールをやっていたりするのでチャンスです。

 

以上。