サラリーマンの革靴の「予算」について考える

f:id:home1990:20180411212058p:plain

 

革靴は消耗品です。

高価な革靴をずっと使うにも、ソール交換でそれなりのお値段をとられてしまいます。

 

ソール交換「1万円」であれば、いっそのこと新しく買い替えたほうがいいですね。

 

今回はそんなサラリーマンの「革靴」の予算(適正価格)について考えてみます。

 

スポンサーリンク

 

革靴の価格のボーダーライン

あなたが「独身」か、「独身ではないか」ということも革靴にかけられるお金が変わってくると思いますが、

革靴は「3万円」を目安に考えるとわかりやすいです。

 

まずこの「3万円」という価格にラインがあります。

普通に社会人として履く分にはこの辺の価格帯で十分です。

 

次は「7万円」です。

7万円出すと海外製のワンランク上の革靴も視野に入ってきます。

いわゆる「独身貴族」はこの価格帯でも問題ないでしょう。 

 

代表的なブランドとしては以下です。

「クロケット&ジョーンズ」

「チャーチ」

「チーニー」

「マグナーニ」

 

うーん。こうしてみると素晴らしいブランドばかりですね。 

 

サラリーマンの履く革靴、適正価格はいくらか

「靴」は結局消耗品です。

高い靴を買ってもしっかり手入れしないと逆にダサいです。

 

結局のところ、やはり消耗品ということを考えると

サラリーマンの革靴は「2~3万円」が妥当ではないでしょうか。

 

もちろん「年収や職業や年齢によりけり」ということは言うまでもありませんが、この価格帯が一番ラインナップも多く、よく売れているそうです。(百貨店の革靴コーナーの人に聞きました。)

 

一万円の靴はどうみてもやはり安っぽいです。

え、これで一万円!?コスパいい!

っていうのよりは、あぁ、やっぱり一万円か。という商品が多いです。

また、一万円の革靴はすぐに壊れます。

 

シワにもなりやすいです。

まぁ、片足5000円と考えるとやっぱりそれなりのものなってしまいます。

 

就職活動中の学生はこの値段で十分ですが、社会人なら最低でも2万は出しましょう。

 

 

革靴はずっと履いているとかかとの部分がすり減ってきたりしますが、修理するより買い替えた方が良いです。(2,3万の場合)

良いものを長く使うという精神は大事ですが、革靴に関しては買ったら終わり、ではなく維持費がかかるので、トータルで考えるとかなり高くなりがちです。

 

また、買い替えた方が良い理由のひとつに、靴の「形」も時代の流れとともに少しずつ微調整されているという点が挙げられます。

昔はつま先がとんがった靴が流行っていましたが、今では売っているのすら見かけません。笑

 

 

人とはかぶりたくない、ちょっとオシャレしたいという方は、「7万円代」の革靴をおすすめします。

(4~6万円の価格帯の靴は中途半端です。)

 

この価格帯であれば、愛着もわくでしょうから修理をするのもおすすめです。

 

靴が7万円なら、それに見合う「スーツ」や「カバン」も必要ですけどね!

 

また今度スーツやカバンについても書いていこうと思います。

 

以上。