3秒だけ本気出すブログ

雑記ブログです。株式投資、ファッションについての記事が50%。その他が50%。

コロワイドの株主優待はいつ改悪・廃止してもおかしくない

f:id:home1990:20180904113741j:plain

 

 

 

人気株主優待の「コロワイド(7616)」の株価を分析しました。

 

すると、意外な事実が判明。

 

コロワイドの株主優待はいつ改悪、廃止されてもおかしくない状況にあるということがわかったのでそちらについて書いていきたいと思います。

 

コロワイド株の購入を考えている方の参考になればと思います。

 

 

さっそく結論から

コロワイドの株主優待がいつ改悪・廃止してもおかしくない理由について、分析して分かった結果から書きます。

 

  • 株価が割高すぎる
  • 配当性向があまりにも高すぎる(優待含む)
  • 一株あたりの利益に対して高額な優待を出しすぎている

 

 

どういうことなのか、いろいろ書いていますので気になる方はどうぞ。

 

スポンサーリンク

株式会社コロワイド(7616)とは?

飲食店を経営する会社です。

居酒屋「甘太郎」を中心に、傘下にレインズやカッパクリエなどが存在します。 

 

f:id:home1990:20180904114710j:plain

参照:http://www.colowide.co.jp/gs/brand/list.php

 

 

コロワイドの株主優待

驚愕の「年間4万円分」の株主優待がもらえます。

 

f:id:home1990:20180904125930j:plain

参照:http://www.colowide.co.jp/ir/stockholder.html

 

 

これぞコロワイド、人気の秘訣です。

 

コロワイドの株価分析 

それではコロワイド株の細かい情報について見ていきましょう。

 

 

コロワイドのチャート

▼10年チャート

f:id:home1990:20180904124811j:plain

 

凄まじい右肩上がりです。

コロワイドの株価が上昇し続けていることが分かります。

 

「業績右肩上がり=株価も右肩上がり」かというと、実際はそうでもありません。

 

 

コロワイドの株価は割高か?

株価が割高かどうかを判断するためには「PER」という指数を見ます。

 

現在コロワイドのPERは「110倍」となっています。

(2018/9/3のデータ。株価:3,100)

 

同じ業界の企業と比較してみましょう。

  • すかいらーく:37倍
  • ゼンショー:38倍
  • ロイヤルHD:32倍
  • トリドール:18倍

 

こう見るといかにコロワイドの「PER:110倍」という数字が「超超割高」か分かると思います。

 

マザーズやJASDAQのベンチャー企業並みのPERとなっています。笑

 

とても東証1部上場企業のPERとは思えません。

 

コロワイドの株価は超超割高です。

 

 

コロワイドの「純利益」の推移

f:id:home1990:20180904141959p:plain

 

2013年:16億円

2014年:14億円

2015年:13億円

2016年:75億円(過去最高)

2017年:-13億円

2018年:11億円

2019年:22億円(会社予想)

 

 

2016年には過去最高を達成しているものの次の年はかっぱ寿司買収の影響でマイナスとなっています。

かなり業績にムラがありますね。。。

 

 

コロワイドの「一株あたり利益」の推移

f:id:home1990:20180904124749p:plain

 

2015年:15.7
2016年:100.7(過去最高)
2017年:-19.6
2018年:12.9
2019年:27.8(会社予想)

 

 

一株あたりの利益が「12.9円」しかないのに対して「85円分」も配当+優待を出していると考えるとかなり無理していますね。

 

原価50%と考えても「45円」の還元をしているのでかなり無理しています。

 

 

 

コロワイドの配当性向(優待含む)

配当性向は以下の計算式で求めることができます。

 配当性向(%)=1株当たりの配当額÷1株当たりの当期純利益×100

 →45円/12.9*100=348%

これに当てはめて計算するとコロワイドの配当性向はなんと

 

「348%」

 

となります。

 

平均が20%~30%で、高配当で有名なドコモですら40%~50%ほどです。

 

そう考えるとこれがいかに驚異の数字が分かると思います。

 

 

※コロワイドの優待は500株からなので「40,000/500」で計算しています。

※原価の50%で計算しているので実質これくらいの値です。

 

全員が500株保有していると仮定するととんでもない配当性向となります。もちろん現実ではそんなことはないでしょうが、とにかく優待がすごすぎます。

  

 

まとめ

f:id:home1990:20180904161948j:plain

 

すでにコロワイドの株価は上昇しすぎて割高すぎます。

そして利益に対して優待が過剰すぎます。

 

業績も安定していないようなのでいつ改悪、廃止してもおかしくないババ抜きのような状況です。

 

いつくるか分からないコロワイドの株価暴落のリスクを考えると、積極的に買いにくい状況です。

 

それでも優待がほしい!という方もいるかと思います。

 

優待がめちゃくちゃ良いことは確かですが、他の優待銘柄と比べてもかなりリスクがあるということは理解しておいたほうが良いと思います。

 

以上。