出張や旅行におすすめのモバイルバッテリー

f:id:home1990:20180405232639j:plain

(更新:2018/08/14) 

 

出張や旅行のときに持っていく必須アイテムといえば「モバイルバッテリー」ですよね。

 

今回はたった1つこれがあればいいと言えるほど便利なモバイルバッテリー「AnkerのPowerCore Fusion 5000」を紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Anker / PowerCore Fusion 5000

 

モバイルバッテリー好きの僕はこの商品が出て即購入しました。

 

「これは売れる!」

 

予想通り、その後、しばらく売り切れ状態が続いていました。

 

とにもかくにもちょうどいい

僕はよく出張や旅行に行くのですが、モバイルバッテリー本体と充電器を別々に持ち歩かないといけないことが面倒でしかたなかったです。

しかしこれなら充電器の役割もあるので、同時にモバイルバッテリーとスマホ等が充電できるというすばらしいアイテムです。

 

つまりこれひとつと充電ケーブルだけあれば良いのです。

 

出張や旅行に重い大容量モバイルバッテリーを持っていくのは疲れますね。

 

PowerCore Fusion 5000の機能

・コンセント部分を折りたたむことができる

・ボタンを押せば残りのバッテリー容量が分かる

・スマホなどをバッテリーに接続すれば自動で充電が開始される

・バッテリー駆動時はスマホが満充電になると自動で充電が終わる

→朝起きたらバッテリー残量「98%くらい」

・コンセント駆動時は充電し続ける

→朝起きたらバッテリー残量「100%」

 

 

ところで、「Anker」とは?

ここ数年Amazonのランキングでやたらと目にする「Anker」ですが、元Googleの社員が立ち上げた企業です。

 

優秀な方だったようで、とにかく洗練されたデザイン、ミニマムな機能、低価格がヒットの理由でしょうね。

 

2018年8月現在、Amazonの「モバイルバッテリー の 売れ筋ランキング」を見るとトップ10の内「Anker製」のモバイルバッテリーが「7つ」もランクインしています。

 

素晴らしいですね。

 

昔は「Cheero」もがんばっていたんですが、いつの間にかこんなに差がついてしまいました。

やはりアメリカの企業はすごいですね。 

 

 

PowerCore Fusion 5000実際は5000mAh充電できるわけではない

スマホのバッテリー容量が「2500mAh」だったら「2回フル充電できる!」

 

と、思いがちですが、実はこれは間違いです。 

 

モバイルバッテリーは表記の数値のだいたい7割くらいしか充電できないです。

このモバイルバッテリーであれば実質容量は「3500mAh」くらいとなります。

 

でもまぁこれくらいあればどんな機器でも1回フル充電できるので困ることは少ないかと思います。

 

モバイルバッテリーをお探しの方は参考にしてみてください。

 

 

 

以上。