リヴァプールの「モハメド・サラー」を動画で振り返る

f:id:home1990:20180412095002p:plain

 

2018年ロシア・ワールドカップまで後約2ヶ月ですね。

前回大会の「ハメス・ロドリゲス」のように、大会前から注目され、大会で大活躍し、大会後の夏の移籍マーケットでビッグクラブに移籍するような選手を探したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ハメス・ロドリケス

コロンビア代表のプレイメイカー。

2018年3月現在バイエルン・ミュンヘン所属。

2014年ブラジル・ワールドカップ得点王。日本代表も第3戦でハメス・ロドリゲス率いるウルグアイ代表と対戦し1-4で敗北。

 

終了後に当時所属していたASモナコからレアル・マドリードへ移籍。

レアルマドリードで与えられた背番号は10番。

 

今回はワールドカップ第2戦(2018年6月15日17:00~)でハメス・ロドリゲス率いるウルグアイ代表と対戦するエジプト代表から僕の一押しのキーマンを紹介します。

 

モハメド・サラーとは

モハメド・サラー・ガリ、ムハンマド・サラーハ・ガーリー(Mohamed Salah Ghaly, 1992年6月15日 - )は、エジプト出身の同国代表サッカー選手。リヴァプールFC所属。ポジションはフォワード。

(Wikipediaより)

 

2018年4月11日現在、サラーは今シーズン公式戦44試合で39得点11アシストしています。
スピードがとにかく速い。

リヴァプールの相手ディフェンスラインから始まるハイプレス(ゲーゲン・プレス)にて、ボールを奪ってからサラーや逆サイドのマネ、中央のフィルミーノに預けカウンターで得点まで持っていくスピーディさはとても美しいです。

 

さらに、サラーは相手ディフェンダーがついていようと、クイックモーションから非常に精度の高いシュートやパスを生み出すことができます。

結果、得点やアシストに結びついているのではないでしょうか。

 

細かいボールタッチ、身長と重心の低さも相手ディフェンダーが捕らえられない理由になっています。

こぼれ球への反応も早いですね。

 

聞くところによると、最近エジプトでは大統領選挙があり、何も関係のないサッカー選手のモハメド・サラーが投票で第3位につけたそうです。
最近の活躍から、世界的認知度も非常に高くなってきてますね。

 

モハメド・サラー大活躍!リヴァプールvsワトフォード 

2018年3月18日

www.youtube.com

 

 
5-0でワトフォードに大勝したリヴァプール。サラーは4ゴール1アシストの活躍でマン・オブ・ザ・マッチに。
サラーがどんな選手か知りたい方はまずこの動画を見てください。

 

今シーズンプレミアリーグ32節を終えた時点で、3位にいるリヴァプール。


【プレミア順位表】

プレミアリーグ 順位表 | Goal.com

 

ここからは、2018年に入ってからの「リヴァプールvsマンチェスター・シティ」の3試合をあげます。

 

アンフィールドが揺れた夜 歴史的一戦 リヴァプールvsマンチェスター・シティ

2018年1月14日

www.youtube.com

 

ーこの試合までの背景ー
今年は、実績のある名監督が集まったプレミアリーグ。
この強豪クラブひしめく2017/18プレミアリーグで、ジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティがなんと1月まで無敗で首位を入っていました。

 

潤沢な資産を元に能力の高い選手を集め、相手にボールを触らせないポゼッションサッカーで試合をコントロールし、プレミアリーグを独走していたマンチェスター・シティ。

 

もしかしたら、本当に無敗優勝するのでは?と思われていたマンチェスター・シティに初めて黒星をつけたのが、ジョゼップ・グアルディオラの天敵ユルゲン・クロップ率いるリヴァプールでした。

サラーのゴールは8分16秒頃にあります。

 

チャンピオンズリーグベスト16プレミア対決!1st leg リヴァプールvsマンチェスター・シティ

2018年4月4日

youtu.be

  

ーこの試合までの背景ー
プレミア・リーグ首位のマンチェスター・シティvs3位リヴァプールの再度、激突です。
上のリヴァプールとの激闘以降、カップ戦でウィガンにジャイアント・キリングを受けたものの、それ以外で勝ち進んできたマンチェスター・シティ。

 

もうすぐプレミアリーグ優勝も見えてきたところで、今度はチャンピオンズ・リーグで、リヴァプールとの再戦です。

プレミアリーグ優勝が見えているマンチェスター・シティにとっては、プレミアリーグは選手を休ませて、このチャンピオンズリーグこそ、全総力で向かってきたはずです。

 

ただ、そこで、このマンチェスター・シティは0-3でリヴァプールに敗れるのであります。

サラーはこの試合1ゴール・1アシストの活躍でした。 

 

チャンピオンズリーグベスト16プレミア対決!2nd leg リヴァプールvsマンチェスター・シティ

2018年4月11日

youtu.be

 

ーこの試合の背景ー
1stレグを0-3で敗北したマンチェスター・シティ。

週末のモウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチも破れ、それでもこの試合にかけてきているのは試合の中でヘップが退場することからも伺えます。

しかし、リヴァプールはそんなマンチェスター・シティに2-1で勝利。計5-1で勝利し、10年ぶりのチャンピオンズ・リーグ、ベスト4に駒を進めるのでありました。

サラーのゴールは3分40秒頃にあります。


さて、リヴァプールはチャンピオンズ・リーグ、ベスト4に進みました。
準決勝・決勝、勝てば17/18シーズンの優勝になります。

そうなると間違いなく、サラーは今年のバロンドール候補に入りますね。

 

ワールドカップでも、出場するはずなので非常に楽しみです。

噂では、レアル・マドリードが獲得を狙っているそうですね。

僕としてはリヴァプールに残ってほしいものです。

 

以上。