ネットワークビジネスに勧誘された話

f:id:home1990:20180223194950j:plain

ネットワークビジネスに勧誘され、まんまと本を買わされてしまいました。

僕の体験談をもとに、

「こんなやつは要注意!怪しいネットワーカー」

について書いていきたいと思います。

 

僕みたいな犠牲者が増えないことを祈ります。。。

 

スポンサーリンク

 

 

 ネットワーカーの特徴!こんなやつは要注意!

・よくしゃべる

・やたら上昇志向

・仕事についてやたら聞いてくる

・今の生活に不満がないか聞いてくる

・年収アップに興味ないか聞いてくる

・パーティが好き

・読書が好き(要注意レベルMAX)

 

出会い編

ある日会社の先輩から「パーティがあるから参加してくれ」という軽いノリで

いわゆるちょっとしたパーティなるものに参加しました。

これが地獄の始まりです。。

そのパーティは参加者50人、男女25人ずつくらい。

 

今思えばこのパーティの真の目的はネットワークビジネスの獲物を探すパーティです。

 

そんなこととは知らず、パーティ慣れもしていないのでどうしたらいいのかよくわからずきょどっていたら、(先輩はチャラいので一人で女の子をナンパしていた。)

まぁまぁきれいな「A子」と名乗る女性が僕に話かけてきてくれた。

そして仲良くなった。

 

すごくしゃべりやすい。というか、よくしゃべる。

「すげー上昇志向だな。さすがは巷で噂の、ちょっとしたパーティだぜ!」と思った。

そこまで気にしてなかった。このときは。

 

しかも、向こうから「連絡先を交換しよう」と言ってきた。

この子は僕のことが好きなんだと確信した。

 

ボス登場編

その「A子さん」は連絡先を交換してからもまぁまぁの頻度で連絡をくれた。

めんどくさいけど返事していた。

ある日、「パーティがあるからこない?」と誘われた。

「どんだけこいつらパーティ好きなんだよw」と思った。

 

とはいえ、一人では怖いので「先輩誘って行くわー」と言ったら

「人気のパーティだからラスト1人しかもう空きがない」

と言われた。

 

「人気の・・・パーティ・・・?」とかなり意味不明だったが1人で行くことにした。

参加者20人くらい。

このパーティは異様だった。

 

「A子さん」が「私の友達紹介するよ~」と言って色んな人のところに連れて行かれた。

「あ、どうも僕です。初めまして。」

「出身どこ?仕事は?趣味は?」

 

すごい質問責めしてくる。

 

何より異様なのが、紹介された全員がある人の名前を口にする。

 

「私は『ハママキ』さんをすごく尊敬しているの。今日のパーティの主催者よ。」

「『ハママキ』さんはすごい!年収も高いし頭もいい!」

 

(いや、さっきから「ハママキ」って誰。)

 

と思っていたその瞬間

 

「どうもハママキです。」

 

現れた。

 

「ハママキ」と名乗るその男はスーツを着ていた。

 

「今日は来てくれてありがとう」から始まり、

「君はどんな仕事をしているのか、一生倒産しない会社に努めているのか」

とかいろいろ上から目線で聞いてきた。

 

どうやらこの「ハママキ」という男

・コンサル業

・月収手取り50万

・時間が自由に作れる

・タワーマンションに住んでる

 

フリーランスか詐欺師だろうと思った。笑

結局何をやっているのかは具体的には教えてくれず、ごまかされる。

 

本買わされた編

パーティも終盤に差し掛かって帰ろうとしたときに

みんな読書が趣味ということでこれからみんなで本屋に行こう~

 

という流れになった。

(別に僕は本が趣味ではありませんが無理やり連れて行かれました。)

本屋に行くと、「A子さん」がやたら本を勧めてくる。

その勧めてきた本が

「金持ち父さん貧乏父さん」

という本だった。

 

「この本は素晴らしい。人生観を変える。読んだほうが良い」

と力説され、かなり断ったがかなり勧めてくる。

 

買ってしまった。

 

家に帰り、この本をアマゾンのレビューで見たら

「ネットワークビジネスによく利用される本」

とかかれていました。

 

この本自体は良い本ですが、腐るほどある本の中からわざわざ初対面の人にこれを

勧めなくてもいいんじゃないかと思いますね。

後日「A子さん」から

 

「ハママキさんが君と話したいって言ってるから3人でカフェに行こう」

と、明らかにヤバそうな誘いがあったのでそこからは無視した。

 

まとめ

正直僕も自分でアマゾンで調べなかったら「A子」が危ないやつということがわからなかったかもしれません。

本当に騙されてもおかしくなかった状況だったと思います。

 

「パーティ好きで読書が趣味」というやつはたいていそんなに本のことを知りません。

 

要するに、この「金持ち父さん貧乏父さん」を勧めたいから伏線を張っているだけです。

 

一番上の方にあげたような特徴の人間は無視してください。

危険です。

 

そんなやつらと仲良くなってもなんのメリットもありません。

楽して稼ぐなんてうまい話世の中にありません。

「ハママキ」みたいなうさんくさいやつにだまされないようにしてください。

僕はこんなわけわからんやつらのせいでお金も時間も無駄にしました。

みなさんはそうならないでください。

 

以上。